『つくづく』vol.11(特集:求人広告)
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

『つくづく』vol.11(特集:求人広告)

¥0

送料についてはこちら

SOLD OUT

『つくづく vol.11』は、求人広告です。 ◎記者、求む それが何号目になるのかはさておき、インディーズ雑誌『つくづく』で「友だちと互助会」を特集するにあたり、記者を募集することにしました。というのも、創刊号を超えるボリュームとなる予定でして。まあ、予定は未定ですが、企画を書き出したところ、到底ひとりではつくれないことが判明しまして。 特段、情熱は求めていません。この活動に漂う“シャレ”の通じる方であれば、どなたでも大歓迎です。たとえ採用されなかったとしても、ぼくと友だちにはなれるかもしれません。いや、どうだろうか。ぼくは別に友だちを探してはいないな。 なんにせよ、この求人広告が『つくづく vol.11』です。“イレブン”と言えば『11PM』、司会は巨泉――は、某ラジオの前口上。こちらは、サッカーチームの“イレブン”です。ちなみに、ぼくはサッカーはおろか、チームスポーツ全般が大の苦手。悪友・宮田さん称するところの「独りフットサルをやっていながら、いざフットサルに誘われたら断る男」ですが、ひとつ宜しくお願いいたします。 あ、フットサルは5人でした。 ■応募資格 ・“シャレ”の通じる方 ・日本語の読み書きができる方 ※年齢、性別、人種、経験は問いません。 ■応募条件 『つくづく』の感想文 (対象となる『つくづく』の号数、書式、文字数ともに指定なし) ■募集期間 ・特になし ※制作は突然に動き出します。逆に別の企画を思いついて、止まりもします。 ■取材予定地 ・都内近郊、関西、福岡 ※お近くの方、優遇いたします。 ■採用までの流れ ・書類選考を通過された方には、メールでご連絡いたします。 その後、面談(オンライン可)を経て、正式に発注となります。 ※取材は突然なくなることもございます。予めご了承ください。 ■条件 ・原稿料、採用後に応相談 ※取材時の交通費は自己負担となります。 ■送付先 kanai@tidler.jp 以上です。 沢山のご応募、お待ちしております。 つくづく編集人・金井悟