『つくづく』vol.45(特集:付箋)
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

『つくづく』vol.45(特集:付箋)

¥880 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

『つくづく vol.45』は、付箋の特集です。なんと、『本の雑誌 No.450』(特別定価:880円)に加えて、本の雑誌45周年記念特製しおりがおまけで付いてきます。送料無料。 ・付箋サイズ/1ページ/発行:Tidler ----- つねづね考えているのだが、創刊号ふくめて『つくづく』でなにかを、まともに「特集」したことがない。好き勝手に号数を飛ばしながら、特集と称して、様々な「雑誌」を刊行してはいるものの、そのどれもが、いわゆるところの「特集」ではない。というか、雑誌ですらない。 じゃあ、「雑誌の特集」ってなんだろうか。 特集は、英語で言えば「FEATURE」で、「はい、ここ注目」とも訳せる。本に貼られた付箋は、該当ページに注目してくださいのサインなので、該当ページに注目を集める付箋に注目すると、その付箋自体が「特集」となる。というのは、いささか強弁だろうか。 やっていることは『つくづく vol.4』(特集:『雑誌記者』)とほぼ変わらないのだが、唯一異なるのは、駄文を印刷した紙すらないということ。だって、該当ページを読めば『つくづく』のことがよく分かるのだから。それなら、わざわざ駄文を書く必要もない。というか、もう『本の雑誌 No.450』自体がインディーズ雑誌『つくづく』なんじゃないか。 いなさら感もあるが、はじめて商業誌で取り上げられた〈記念号〉なので、ここまでの詭弁も許されると思っている。